亀戸横丁は今から2008年に産声をあげ様々な歴史を歩んできました。元来、江戸時代より職人の街として発展し、明治時代には各業種の工場が進出した工業地帯でした。
工場労働者たちが酒をあおり、胃袋をみたしてきた亀戸の飲食街の中に、地元客を中心に新たな賑わいを見せております。
国籍もジャンルも関係なく雑多な楽しさに溢れる亀戸横丁、お気軽にお越し下さい。

PAGE TOP